重み付きコード(読み)おもみつきこーど

ASCII.jpデジタル用語辞典の解説

重み付きコード

ビット列の各ビットに、重みを付ける表現方法。4ビットのコードでは、左のビットから8、4、2、1を表すという意味付けをし、そのビットが1の場合に有効なビットとみなす。たとえば、1010のビット列では、「8」と「2」のビットが有効となり、10進数の10を表すことになる。

出典 ASCII.jpデジタル用語辞典ASCII.jpデジタル用語辞典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

医療過誤

診療過誤ともいい,医療行為一般の誤りをさす。医学知識の不足,医療技術の未熟,診療行為の全体としての疎漏さ,不適切な薬剤や医療器具の使用などが原因となる。具体的には誤診,診断の遅延,手術過誤,注射事故,...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android