コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

重播き・頻蒔き しきまき

大辞林 第三版の解説

しきまき【重播き・頻蒔き】

上代社会の不法行為の一。穀物の種を、一度まいた上に重ねてまき、穀物の生長を害することかという。 「春は則ち-し/日本書紀 神代上訓注

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

重播き・頻蒔きの関連キーワード日本書紀穀物

今日のキーワード

かりゆし

1 沖縄方言で「縁起がよいこと」「めでたいこと」を表す語。2 「かりゆしウエア」の略。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android