コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

野の宮 ののみや

大辞林 第三版の解説

ののみや【野の宮】

皇女が伊勢の斎宮または賀茂の斎院になるとき、斎戒のために一年間こもる仮の宮殿。斎宮のものは嵯峨、斎院のものは紫野にあった。 「これなる森を人に尋ねて候へば、-の旧跡とかや申し候ふほどに/謡曲・野宮」

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

野の宮の関連キーワード小野雪見御幸絵巻天衣紛上野初花野の宮の祓召人・囚人火焼き屋野の宮人奥平信昌火焚き屋年の朝野宮山柄斎宮斎院見す河内謡曲

今日のキーワード

偽計業務妨害罪

虚偽の風説を流布し,または偽計を用いて人の業務を妨害する罪 (刑法 233) 。流布とは,犯人自身が公然と文書,口頭で伝達するほか,口伝えに噂として流す行為も含む。偽計とは人を欺罔,誘惑し,あるいは人...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android