コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

野兎・野兔 のうさぎ

大辞林 第三版の解説

のうさぎ【野兎・野兔】

ウサギ科ノウサギ属に属する哺乳類の総称。日本にはノウサギとユキウサギの二種が生息する。
の一種。体長約50センチメートル。尾長約3センチメートル。夏は全身褐色だが冬は白色に変化するものもある。夜行性。樹木を食害する。トウホクノウサギ・キュウシュウノウサギなどの亜種がある。
野生のウサギの総称。

やと【野兎・野兔】

野生のうさぎ。のうさぎ。 ⇔ 家兎かと

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

野兎・野兔の関連キーワードユキウサギうさぎ夜行性哺乳類家兎体長尾長総称亜種

今日のキーワード

硫黄山(いおうやま)

標高1317メートルの活火山で、火口は登山者に人気のある韓国(からくに)岳(1700メートル)の登山道沿いにある。硫黄の結晶が鉱山で採れたため、硫黄山と呼ばれるようになったという。直近の噴火は1768...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android