野党の「統一名簿」

朝日新聞掲載「キーワード」の解説

野党の「統一名簿」

参院選で複数の野党一つ政治団体を結成し、各党の比例区候補を同じ名簿に並べる選挙協力手法。分散する野党の票を一つにまとめることで死票を減らし、当選者数を増やす狙いがある。政党と同じように選挙運動をするためには、公職選挙法規定で10人以上の候補者が必要となる。

(2016-06-03 朝日新聞 朝刊 4総合)

出典 朝日新聞掲載「キーワード」朝日新聞掲載「キーワード」について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

政党要件

公職選挙法などが規定する、政治団体が政党と認められるための条件。国会議員が5人以上所属するか、直近の総選挙、直近とその前の参院選挙のいずれかにおいて、全国で2パーセント以上の得票(選挙区か比例代表かい...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android