野口 源三郎(読み)ノグチ ゲンザブロウ

20世紀日本人名事典の解説

野口 源三郎
ノグチ ゲンザブロウ

大正・昭和期のスポーツ指導者,体育学者 東京教育大学名誉教授。



生年
明治21(1888)年8月24日

没年
昭和42(1967)年3月16日

出生地
埼玉県

学歴〔年〕
東京高等師範学校大正4年〕卒

経歴
在学中から陸上競技選手として活躍。長野県松本中学校教諭となり、大正6年東京で開催の第3回極東選手権大会で十種競技に優勝。7年東京高師嘱託、9年第7回アントワープ・オリンピック大会日本選手団主将。10年大日本体育協会主事となり、全国の中学校を巡回、陸上競技の普及に努めた。12年上海極東選手権大会、13年パリ・オリンピックの選手団監督。14年東京高師教授となり体育教師の養成に当たり、体協、陸連の役員も務めた。昭和24年東京教育大教授、25年体育学部長、27年名誉教授。32年内閣スポーツ振興審議会委員。のち、埼玉大体育学部長、順天堂大教授。著書に「オリンピック陸上競技法」「競技運動の心理」「新中学校体育」など。

出典 日外アソシエーツ「20世紀日本人名事典」(2004年刊)20世紀日本人名事典について 情報

367日誕生日大事典の解説

野口 源三郎 (のぐち げんざぶろう)

生年月日:1884年8月24日
大正時代;昭和時代のスポーツ指導者;体育学者。東京教育大学教授;順天堂大学教授
1967年没

出典 日外アソシエーツ「367日誕生日大事典」367日誕生日大事典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

エミュー

ヒクイドリ目エミュー科。ダチョウに似た大型の飛べない鳥。オーストラリア固有種で,国鳥。全長 140~164cm,背丈 150~190cmで,雌のほうがやや大きい。翼は羽毛に覆われて見えないが,約 20...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android