コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

野口雨情(のぐちうじょう)

朝日新聞掲載「キーワード」の解説

野口雨情(のぐちうじょう)

茨城県生まれ。東京専門学校(現早稲田大)に進み、坪内逍遥に師事し詩を学んだ。記者として樺太(現サハリン)や北海道に渡り、新聞社転々とした。新聞社を辞めた後、童謡民謡の普及に力を注ぎ、全国や台湾、朝鮮半島などに講演に出かけた。作曲家の中山晋平、本居長世らとのコンビで人気を博した。

(2014-05-03 朝日新聞 朝刊 青森全県 2地方)

出典|朝日新聞掲載「キーワード」朝日新聞掲載「キーワード」について | 情報

野口雨情(のぐちうじょう)の関連キーワード北茨城市歴史民俗資料館 野口雨情記念館茨城県北茨城市磯原町磯原徳島県阿波市阿波町桜ノ岡栃木県宇都宮市鶴田町野口雨情生家資料館十五夜お月さん雨降りお月さん茨城県北茨城市証城寺の狸囃子あの町この町青い眼の人形斎藤 佐次郎佐藤千夜子都会と田園武内 俊子赤坂 小梅島田 芳文しゃぼん玉兎のダンス久木独石馬

今日のキーワード

アウフヘーベン

ヘーゲル弁証法の基本概念の一。あるものを否定しつつも、より高次の統一の段階で生かし保存すること。止揚。揚棄。→アン‐ウント‐フュール‐ジッヒ →弁証法...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android