コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

野宮定縁

美術人名辞典の解説

野宮定縁

公卿。定逸の男、実は中院通純の二男。元名雅広、又定輔。権中納言正三位。熊沢蕃山に道を問い和漢の学に通ず。松の舎を号する。『松の舎日記』あり。延宝5年(1677)歿、42才。

出典|(株)思文閣美術人名辞典について | 情報

野宮定縁の関連キーワード土御門泰福野宮定基公卿

今日のキーワード

俳句甲子園

1998年から松山市で開かれる全国高等学校俳句選手権大会。高校生が5人1組で句の優劣をディベートで競い合う。チームでの勝敗とは別に、個人の最優秀句も選ぶ。今年は過去最多の41都道府県から121校、15...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android