コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

野晒し ノザラシ

2件 の用語解説(野晒しの意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

の‐ざらし【野×晒し】

野外で風雨にさらされること。また、そのもの。
風雨にさらされて白骨化した人間の骨。特に、その頭骨。されこうべ

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版の解説

のざらし【野晒し】

落語の一。隣家の尾形清十郎から,昨夜の女の正体は釣りに行った隅田川で回向した髑髏どくろと聞いた八五郎も釣りに出かけ,空想にふける。上方落語「骨つり」は,石川五右衛門の髑髏に回向するという筋。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

野晒しの関連キーワード白骨曝れる櫛風沐雨風雨描サラササラサ形サラサ紙サラサ革暴露

今日のキーワード

朝鮮大学校

東京都小平市にある在日朝鮮人子弟のための学校。1956年設立,1968年各種学校として認可。朝鮮総連系の東京朝鮮学園が経営。大学教育に準ずる民族教育を目的とし,4年制の文学,歴史地理,政治経済,経営,...

続きを読む

コトバンク for iPhone

野晒しの関連情報