野村万蔵(7代)(読み)のむら まんぞう

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

野村万蔵(7代) のむら-まんぞう

1930- 昭和-平成時代の能楽師狂言方。
昭和5年1月10日生まれ。6代野村万蔵の長男。2代野村万作の兄。和泉(いずみ)流。昭和9年初舞台。25年4代野村万之丞を襲名。武智鉄二演出の「夕鶴」出演をはじめとして現代演劇活動にも参加,62年芸術院賞。平成5年7代野村万蔵を襲名。9年人間国宝。12年隠居名の万(まん)を名のる。13年芸術院会員。20年文化功労者。東京出身。東京芸大卒。本名は太良(たろう)。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

今日のキーワード

ユニコーン企業

企業としての評価額が10億ドル(約1250億円)以上で、非上場のベンチャー企業を指す。ベンチャー企業への投資を専門的に行う投資会社を「ベンチャーキャピタル(venture capital)」と呼ぶが、...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android