野村萬斎(2世)(読み)のむらまんさい[にせい]

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

野村萬斎(2世)
のむらまんさい[にせい]

[生]1966.4.5. 東京,練馬
和泉流狂言方の楽師。本名武司。初世野村萬斎のひ孫で,野村万作の長男。父万作と祖父 6世野村万蔵に師事。1970年『靭猿(うつぼざる)』のサルで初舞台。1984年『三番叟』,1988年『釣狐』を初演。1994年から 1年間,文化庁芸術家在外研修制度によりイギリス留学。1996年『花子』を初演。劇場狂言などの革新的狂言で若い観客層を発掘。木下順二作『子午線の祀り』,ギリシア悲劇『オイディプス王』に主演。テレビ,映画などにも積極的に出演し話題を呼ぶ。2002年,世田谷パブリックシアターの芸術監督に就任。1999年シアターコクーン公演『薮の中』の演出で芸術祭賞新人賞。2002年度芸術選奨文部科学大臣新人賞。2012年『花子』のシテで芸術祭賞優秀賞。狂言ござる乃座主宰。万作の会に所属。著書に『萬斎でござる』(1999),『狂言サイボ-グ』(2001)がある。伯父に野村萬,野村四郎(観世流シテ方),野村万之介がいる。(→

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

今日のキーワード

ミレニアル世代

《millennialは、千年紀の、の意》米国で、2000年代に成人あるいは社会人になる世代。1980年代から2000年代初頭までに生まれた人をいうことが多く、ベビーブーマーの子世代にあたるY世代やデ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android