コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

野村萬斎(2世) のむらまんさいにせい

1件 の用語解説(野村萬斎(2世)の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

野村萬斎(2世)
のむらまんさいにせい

[生]1966.4.5. 東京,練馬
和泉流狂言方の能楽師。本名武司。初世野村萬斎のひ孫で,野村万作の長男。父万作と祖父 6世野村万蔵に師事。1970年『靭猿(うつぼざる)』のサルで初舞台1984年三番叟』,1988年『釣狐』を初演。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

野村萬斎(2世)の関連キーワードニッサン シルビアCSP311型外国人学校国立劇場自動車工業月探査機熱帯擾乱脇往還袴田事件植村直己小川紳介

今日のキーワード

稀勢の里寛

1986- 平成時代の力士。昭和61年7月3日生まれ。中学卒で鳴戸部屋に入門し,平成14年3月初土俵。16年5月新十両,同年11月には18歳4ヵ月で新入幕をはたす。18年7月新三役小結,21年3月新関...

続きを読む

コトバンク for iPhone