野村 光一(読み)ノムラ コウイチ

20世紀日本人名事典の解説

野村 光一
ノムラ コウイチ

昭和期の音楽評論家



生年
明治28(1895)年9月23日

没年
昭和63(1988)年5月22日

出生地
大阪

学歴〔年〕
慶応義塾大学文科〔大正9年〕卒

主な受賞名〔年〕
NHK放送文化賞(第12回)〔昭和36年〕,フランス芸術文化勲章,ポーランド復興十字勲章,紫綬褒章〔昭和42年〕,勲四等旭日小綬章〔昭和48年〕,モービル音楽賞(第14回)〔昭和59年〕

経歴
大学在学中から音楽批評を始め、雑誌「音楽と文学」に参加。ロンドン留学後の昭和15年毎日新聞にわが国で最初の演奏評をのせる。批評活動のかたわら、日本音楽コンクール、学生音楽コンの運営や日本ショパン協会会長を永らくつとめるなど、日本の音楽界の指導的な役割を果たした。昭和59年11月、批評家として初めてモービル音楽賞を受賞。著書に「ピアニスト」「ピアノ回想記」がある。

出典 日外アソシエーツ「20世紀日本人名事典」(2004年刊)20世紀日本人名事典について 情報

367日誕生日大事典の解説

野村 光一 (のむら こういち)

生年月日:1895年9月23日
昭和時代の音楽評論家。日本ショパン協会会長
1988年没

出典 日外アソシエーツ「367日誕生日大事典」367日誕生日大事典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

未必の故意

犯罪事実の発生を積極的には意図しないが、自分の行為からそのような事実が発生するかもしれないと思いながら、あえて実行する場合の心理状態。→故意[補説]作品名別項。→未必の故意...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android