野田 九浦(読み)ノダ キュウホ

20世紀日本人名事典の解説

野田 九浦
ノダ キュウホ

明治〜昭和期の日本画家



生年
明治12(1879)年12月22日

没年
昭和46(1971)年11月2日

出生地
東京・下谷

本名
野田 道三

学歴〔年〕
東京美術学校日本画科選科〔明治30年〕中退

経歴
寺崎広業に師事。白馬会研究所で洋画、日本美術院研究生として日本画を学ぶ。明治40年第1回文展で「辻説法」が2等賞。大正6年第11回文展「抄見詣」が特選。その後も官展で受賞、審査員となった。明治40〜大正5年大阪朝日新聞で挿絵を描いた。昭和22年帝国芸術院会員、23年金沢美術工芸大教授、24年日展常務理事。他に「旅人」「恵林寺の快川」「見性寺の蕪村」などがある。

出典 日外アソシエーツ「20世紀日本人名事典」(2004年刊)20世紀日本人名事典について 情報

367日誕生日大事典の解説

野田 九浦 (のだ きゅうほ)

生年月日:1879年12月22日
明治時代-昭和時代の日本画家。金沢美術工芸大学教授
1971年没

出典 日外アソシエーツ「367日誕生日大事典」367日誕生日大事典について 情報

今日のキーワード

出入国在留管理庁

政府が2019年4月に発足を予定している法務省の外局。18年12月の出入国管理法改正案成立に伴う外国人労働者の受け入れ拡大に対応するため、同省の内部部局である入国管理局を再編・格上げし、新設することが...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android