コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

野見宿禰・野見宿祢 のみのすくね

大辞林 第三版の解説

のみのすくね【野見宿禰・野見宿祢】

垂仁天皇の頃の廷臣。出雲の人。天皇の命により、当麻蹴速たいまのけはやと相撲をとって投げ殺し、以後朝廷に仕えた。皇后日葉酢媛命ひばすひめのみことが亡くなったとき、殉死にかえて埴輪を埋めることを建言していれられ、土師臣はじのおみの姓を与えられたという。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

野見宿禰・野見宿祢の関連キーワード垂仁天皇埴輪廷臣殉死

今日のキーワード

だまされたふり作戦

「振り込め詐欺」に代表される特殊詐欺事件の警察による捜査手法の一つで、振り込め詐欺と思われる不審な電話があった時、被害者が協力してだまされたふりをし、容疑者の電話番号、振込先、訪問時間などを聞き出し、...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android