コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

野鳥の捕獲

1件 の用語解説(野鳥の捕獲の意味・用語解説を検索)

朝日新聞掲載「キーワード」の解説

野鳥の捕獲

野鳥捕獲の制限は戦後の1950年に始まった。現在は国の指針に基づき、都道府県が飼育できる種類や羽数を決定。当初はウグイスホオジロなども認められていたが、2007年度からメジロのみ。同年度から3年間では西日本を中心に約2900羽の捕獲許可が出ており、鹿児島県181羽、高知県106羽、静岡県87羽、宮崎県84羽など。

(2012-02-27 朝日新聞 朝刊 2社会)

出典|朝日新聞掲載「キーワード」
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

野鳥の捕獲の関連キーワード所有権中性子捕獲捕獲審検所野鳥産児制限殿試鳥捕蜘蛛日本野鳥の会陽子捕獲狩猟と有害捕獲

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone