コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

量子クローニング禁止定理 りょうしくろーにんぐきんしていり quantum no cloning theorem

1件 の用語解説(量子クローニング禁止定理の意味・用語解説を検索)

知恵蔵2015の解説

量子クローニング禁止定理

量子世界では状態の複製ができないこと。これは、数式によって証明されている。たとえば量子テレポーテーションでも、ある粒子の状態を受信者の粒子で再現させるには、元の粒子の、送りたい状態を壊さなくてはならない。この定理は、量子情報科学切っても切れない関係にある。量子暗号で送信中の鍵がコピーされて盗まれないことなども、この定理で説明がつく。

(尾関章 朝日新聞記者 / 2008年)

出典|(株)朝日新聞出版発行「知恵蔵2015」
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

量子クローニング禁止定理の関連キーワード状態ベクトルデコヒーレンス量子もつれ量子ゼノン効果公知手が出ない不可知顔向けができない複製フォーク因果律(量子論)

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone