コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

量子井戸レーザー りょうしいどれーざーquantum well laser

1件 の用語解説(量子井戸レーザーの意味・用語解説を検索)

知恵蔵の解説

量子井戸レーザー

半導体レーザーの一種で、光を放出する活性層の中に、バンドギャップの小さい極薄層を1層から数層設け、ポテンシャルの井戸(量子井戸)をつくって、そこで生じるエネルギー準位の間の遷移を利用して発光させる。光の単色性が極めて良く、高速で光の変調を行えるのが特徴。発振が起こる閾値(しきいち)電流が低く、活性層の厚さで光の波長を調節できる。高速長距離光通信システムにおける光源に使われる。

(荒川泰彦 東京大学教授 / 桜井貴康 東京大学教授 / 2007年)

出典|(株)朝日新聞出版発行「知恵蔵」
知恵蔵について | 情報

今日のキーワード

稀勢の里寛

1986- 平成時代の力士。昭和61年7月3日生まれ。中学卒で鳴戸部屋に入門し,平成14年3月初土俵。16年5月新十両,同年11月には18歳4ヵ月で新入幕をはたす。18年7月新三役小結,21年3月新関...

続きを読む

コトバンク for iPhone