コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

量子井戸レーザー りょうしいどれーざーquantum well laser

知恵蔵の解説

量子井戸レーザー

半導体レーザーの一種で、光を放出する活性層の中に、バンド・ギャップの小さい極薄層を1層から数層設け、ポテンシャルの井戸(量子井戸)をつくって、そこで生じるエネルギー準位の間の遷移を利用して発光させる。光の単色性が極めて良く、高速で光の変調を行えるのが特徴。発振が起こる閾値(しきいち)電流が低く、活性層の厚さで光の波長を調節できる。高速長距離光通信システムにおける光源に使われる。

(荒川泰彦 東京大学教授 / 桜井貴康 東京大学教授 / 2007年)

出典 (株)朝日新聞出版発行「知恵蔵」知恵蔵について 情報

量子井戸レーザーの関連キーワードALE

今日のキーワード

だまし面接

企業が面談や懇談会と称して就職活動中の学生を呼び出し、実質的には学生を選考する偽装面接のこと。2016年卒業の大学生に対する選考活動の開始時期を、従来の4月1日から8月1日以降へと後ろ倒しする主旨の「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android