コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

量記号 りょうきごう

大辞林 第三版の解説

りょうきごう【量記号】

述語論理において、変項によって表される対象の数量を表現する論理記号。「すべての」を表す普遍量記号と、「いくつかの」または「存在する」を表す存在量記号とがある。量化子。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

量記号の関連キーワードジュール(James Prescott Joule)レム(線量当量の単位)オストワルト表色系毎時シーベルトファラデー定数CIE表色系重力加速度K₂[山]述語論理電気素量静電単位自由変項論理記号クーロン束縛変項数量詞論理語量化子重陽子数量

今日のキーワード

処暑

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の7月中 (7月後半) のことで,太陽の黄経が 150°に達した日 (太陽暦の8月 23日か 24日) に始り,白露 (9月8日か9日) の前日までの約 15日間であ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

量記号の関連情報