金 光平(読み)キン コウヘイ

20世紀日本人名事典の解説

金 光平
キン コウヘイ

大正・昭和期の労働運動家



生年
明治31(1898)年6月25日

没年
平成3(1991)年7月22日

出生地
兵庫県三原郡広田村(現・緑町)

学歴〔年〕
大阪工業専修学校高等部電気科中退

経歴
電機工をしながら苦学し、大正5年田中電機製作所に入る。12年大阪鉄工所因島工場に移る。同年総同盟に参加、13年の争議で解雇され、以後労働運動に専念。以後多くの労働争議を指導し、昭和4年総同盟中央委員となり、解散する15年まで在任。その間、ILO第20回総会に労働者代表顧問として出席し、また土生町議などを歴任。戦後は総同盟再建に尽力した。22年全国造船労連会長。

出典 日外アソシエーツ「20世紀日本人名事典」(2004年刊)20世紀日本人名事典について 情報

今日のキーワード

政府開発援助

政府ベースの経済協力の一つで,特に先進国政府が発展途上国の経済開発などを促進するため財政資金を使って供与する援助。 (1) 2国間での直接援助と,(2) 国際機関を通じての多国間援助に分けられる。直接...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android