金 完燮(読み)キム ワンソプ(英語表記)Kim Wan-seop

現代外国人名録2012の解説

金 完燮
キム ワンソプ
Kim Wan-seop


国籍
韓国

専門
作家;評論家;ジャーナリスト

生年月日
1963

出生地
韓国 全羅南道光州

学歴
ソウル大学物理学部中退

経歴
1980年高校生の時に光州事件が起こり、市民軍に参加、国家有功者に。コンピューター関係雑誌の記者を経て、’92年フリーの作家となる。’95年著書「娼婦論」がベストセラーに。’96年から約2年間オーストラリアで暮らす。帰国後「コスタク新聞」を創刊し、編集主幹を務める。2002年日韓併合を評価する著書「親日派のための弁明」を出版するが、当初は青少年有害図書に指定され販売禁止に近い措置が取られる。2003年親日的発言が告訴の対象となり、韓国検察当局から出国禁止を通告される。2002年9月初来日。

出典 日外アソシエーツ「現代外国人名録2012」(2012年刊)現代外国人名録2012について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

新華社

中華人民共和国の国営通信社。新華通訊社が正式名称。 1931年延安で創立され,48年北京に移り,現在は政府国務院新聞総署の管轄下にある。特に文化大革命以後は重要度が高まり,党と政府の発表はここを通じて...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android