コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

金ヶ崎[町] かねがさき

百科事典マイペディアの解説

金ヶ崎[町]【かねがさき】

岩手県南西部,奥州市の北に接する胆沢(いさわ)郡の町。東北本線が通じる。胆沢扇状地穀倉地帯の中心で,米を産し,酪農も行う。付近に胆沢城跡がある。179.76km2

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

かねがさき【金ヶ崎[町]】

岩手県南西部,胆沢(いさわ)郡の町。人口1万5923(1995)。北は北上市,東は江刺市,南東は水沢市に接する。西部は駒ヶ岳東麓の扇状地で,東部は東境を南流する北上川,南境を東流する胆沢川本支流の沖積地となっている。東端を東北本線,国道4号線,東北自動車道が並行して走る。米作と畜産を柱とする農業が基幹産業で,米作は近年伸び悩んでいるが,畜産は各種畜産センターが設けられ生産拡大が著しい。農業指導機関の県立農業短期大学校(旧陸軍軍馬補充部,六原青年道場の後身)や県立青年の家がある。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

金ヶ崎[町]の関連キーワード胆沢城跡

今日のキーワード

アウフヘーベン

ヘーゲル弁証法の基本概念の一。あるものを否定しつつも、より高次の統一の段階で生かし保存すること。止揚。揚棄。→アン‐ウント‐フュール‐ジッヒ →弁証法...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android