金丸 信(読み)カネマル シン

20世紀日本人名事典の解説

金丸 信
カネマル シン

昭和・平成期の政治家 元・衆院議員;元・自民党副総裁;元・副総理。



生年
大正3(1914)年9月17日

没年
平成8(1996)年3月28日

出生地
山梨県中巨摩郡今諏訪村(現・白根町上今諏訪)

学歴〔年〕
東京農業大学専門部〔昭和11年〕卒

主な受賞名〔年〕
バスコ・ヌネス・デ・バルボア章〔平成1年〕,ペルー太陽勲章大十字位〔平成4年〕

経歴
日東工業を創設。その後大平醸造などの社長を経て、昭和33年衆院議員に当選。以来、当選12回。田中角栄に師事。建設相、国土庁長官、防衛庁長官、衆院行革委員長を歴任。国対委員長4回の経験から与野党のパイプ役をつとめ、調整のうまさには定評があった。59年自民党幹事長、61年第3次中曽根内閣の副総理に就任。竹下登を総理・総裁にすることに情熱を燃やし、62年の竹下内閣誕生で自民党の大御所的存在となる。平成3年党副総裁となるが、4年佐川急便事件で副総裁を辞任。同年10月違法献金と暴力団との関係の責任をとって衆院議員を辞職、竹下派会長も辞任した。脱税容疑で公判中に死去。

出典 日外アソシエーツ「20世紀日本人名事典」(2004年刊)20世紀日本人名事典について 情報

新訂 政治家人名事典 明治~昭和の解説

金丸 信
カネマル シン


肩書
元・衆院議員,元・自民党副総裁,元・副総理

生年月日
大正3年9月17日

出生地
山梨県中巨摩郡今諏訪村(現・白根町上今諏訪)

学歴
東京農業大学専門部〔昭和11年〕卒

経歴
日東工業を創設。その後大平醸造などの社長を経て、昭和33年衆院議員に当選。以来、当選12回。田中角栄に師事。建設相、国土庁長官、防衛庁長官、衆院行革委員長を歴任。国対委員長4回の経験から与野党のパイプ役をつとめ、調整のうまさには定評があった。59年自民党幹事長、61年第3次中曽根内閣の副総理に就任。竹下登を総理・総裁にすることに情熱を燃やし、62年の竹下内閣誕生で自民党の大御所的存在となる。平成3年党副総裁となるが、4年佐川急便事件で副総裁を辞任。同年10月違法献金と暴力団との関係の責任をとって衆院議員を辞職、竹下派会長も辞任した。11月眼の手術のため入院した病院内で臨床尋問が行われ、竹下政権誕生の際に暴力団の関与したことを認めた。平成5年3月所得税法違反(脱税)の容疑で東京地検特捜部に逮捕、起訴されるが、糖尿病悪化のため、7年7月以降公判停止。8年3月判決を待たずに死去した。

受賞
バスコ・ヌネス・デ・バルボア章〔平成1年〕 ペルー太陽勲章大十字位〔平成4年〕

没年月日
平成8年3月28日

家族
弟=金丸 孝(信栄コンクリート会社社長)

出典 日外アソシエーツ「新訂 政治家人名事典 明治~昭和」(2003年刊)新訂 政治家人名事典 明治~昭和について 情報

367日誕生日大事典の解説

金丸 信 (かねまる しん)

生年月日:1914年9月17日
昭和時代;平成時代の政治家。自民党副総裁;副総理
1996年没

出典 日外アソシエーツ「367日誕生日大事典」367日誕生日大事典について 情報

今日のキーワード

iDeCo

個人型確定拠出年金と呼ばれる任意の私的年金制度のひとつ。加入者が毎月決まった金額を積み立てて、金融機関が用意する定期預金・保険・投資信託といった金融商品から運用方法を選び、60歳以降に年金または一時金...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

金丸 信の関連情報