金倉 円照(読み)カナクラ エンショウ

20世紀日本人名事典の解説

金倉 円照
カナクラ エンショウ

大正・昭和期の印度哲学者 東北大学名誉教授;元・宮城教育大学学長。



生年
明治29(1896)年11月17日

没年
昭和62(1987)年1月24日

出身地
鹿児島県川辺郡坊津町

学歴〔年〕
東京大学文学部印度哲学科卒業

学位〔年〕
文学博士〔昭和6年〕

主な受賞名〔年〕
日本学士院賞〔昭和28年〕「印度中世精神史」,日本学士院賞〔昭和30年〕「西蔵撰述仏典目録」,勲二等旭日重光章〔昭和42年〕,日本翻訳文化賞〔昭和59年〕,文化功労者〔昭和60年〕

経歴
大正12年東北大助教授、昭和4年教授となり、35年に退官。42年宮城教育大学長に就任。ジャイナ教正統バラモン教の研究で知られる。60年文化功労者に選ばれた。

出典 日外アソシエーツ「20世紀日本人名事典」(2004年刊)20世紀日本人名事典について 情報

367日誕生日大事典の解説

金倉 円照 (かなくら えんしょう)

生年月日:1896年11月17日
大正時代;昭和時代のインド哲学者。東北大学教授;宮城教育大学学長
1987年没

出典 日外アソシエーツ「367日誕生日大事典」367日誕生日大事典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

人望

信頼できる人物として、人々から慕い仰がれること。「人望を集める」「人望を失う」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android