金剛右京(1)(読み)こんごう うきょう

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

金剛右京(1) こんごう-うきょう

1599-1647 江戸時代前期の能役者シテ方。
慶長4年生まれ。金剛勝吉次男(一説に孫)。幼くして父に死別したため,喜多七大夫長能(おさよし)の後見をうけ,のち金剛大夫となった。正保(しょうほ)4年8月1日死去。49歳。一説に慶安元年(1648)死去。名は頼勝。法名は浄生。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

今日のキーワード

COVID-19

2019年末に発生した新型コロナウイルス感染による症状の名称。コロナウイルス(Coronavirus)と病気(Disease)の短縮形に、感染が報告され始めた2019年を組み合わせ、20年2月11日に...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android