コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

金名線

朝日新聞掲載「キーワード」の解説

金名線

1926年、鶴来で運送業を営んでいた故小堀定信氏が私財を投入し、加賀広瀬―白山下間が開通。その後、北陸鉄道石川線鶴来駅とつながり、27年に18・9キロの全線が開通。49年には電化された。「金名線」の名は金沢と名古屋を結ぼうとした当初の大構想による。だが、自動車の普及に白山麓の過疎化が重なり、64年に年間94万4156人(1日あたり2587人)だった乗客数は、85年には17万555人(同467人)まで減少。87年に廃止された。

(2006-06-02 朝日新聞 朝刊 富山全県 2地方)

出典|朝日新聞掲載「キーワード」朝日新聞掲載「キーワード」について | 情報

金名線の関連キーワード五所平之助島津保次郎清水宏斎藤寅次郎溝口健二衣笠貞之助田坂具隆プドフキン山本嘉次郎伊藤大輔

今日のキーワード

大義

1 人として守るべき道義。国家・君主への忠義、親への孝行など。「大義に殉じる」2 重要な意義。大切な事柄。「自由平等の大義を説く」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android