コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

金名線

1件 の用語解説(金名線の意味・用語解説を検索)

朝日新聞掲載「キーワード」の解説

金名線

1926年、鶴来で運送業を営んでいた故小堀定信氏が私財を投入し、加賀広瀬―白山下間が開通。その後、北陸鉄道石川線鶴来駅とつながり、27年に18・9キロの全線が開通。49年には電化された。「金名線」の名は金沢と名古屋を結ぼうとした当初の大構想による。だが、自動車の普及に白山麓の過疎化が重なり、64年に年間94万4156人(1日あたり2587人)だった乗客数は、85年には17万555人(同467人)まで減少。87年に廃止された。

(2006-06-02 朝日新聞 朝刊 富山全県 2地方)

出典|朝日新聞掲載「キーワード」
朝日新聞掲載「キーワード」について | 情報

金名線の関連キーワード大正天皇昭和イギリス映画小作争議文芸時代アパート猪熊弦一郎円本大河内伝次郎ピストン

今日のキーワード

稀勢の里寛

1986- 平成時代の力士。昭和61年7月3日生まれ。中学卒で鳴戸部屋に入門し,平成14年3月初土俵。16年5月新十両,同年11月には18歳4ヵ月で新入幕をはたす。18年7月新三役小結,21年3月新関...

続きを読む

コトバンク for iPhone