金城 朝永(読み)キンジョウ チョウエイ

20世紀日本人名事典の解説

昭和期の沖縄研究者,琉球方言研究者



生年
明治35(1902)年5月18日

没年
昭和30(1955)年3月10日

出生地
沖縄県那覇

学歴〔年〕
東京外国語学校〔大正15年〕卒

経歴
幼少の頃から同郷の学者伊波普猷の影響を受け、比嘉静観の主宰する組合教会の活動に参加。大橋図書館司書をつとめる傍ら、柳田國男や折口信夫らの南島談話会(沖縄民俗学研究会)の事務を担当。その後、三省堂編集員や大学に勤めながら沖縄の方言、民俗、文学、歴史などの研究に没頭した。チェンバレンの「琉球語文典及び語彙」の訳者としても知られる。著書に「那覇方言概説」「沖縄法制史」「異態習俗考」などがあり、琉球方言研究の業績は高く評価されている。「金城朝永全集」(全2巻)がある。

出典 日外アソシエーツ「20世紀日本人名事典」(2004年刊)20世紀日本人名事典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

オーバーシュート

感染症の爆発的な感染拡大を指す。語源は、「(目標を)通り越す」「(飛行機などが停止位置を)行き過ぎる」という意味の英語の動詞「overshoot」。2019年12月に発生した新型コロナウイルスに関して...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android