コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

金大中氏拉致事件

1件 の用語解説(金大中氏拉致事件の意味・用語解説を検索)

朝日新聞掲載「キーワード」の解説

金大中氏拉致事件

1973年8月8日、当時の朴正熙大統領の政敵、金大中氏(後に大統領)が東京都内のホテルから白昼連れ去られ、5日後にソウルの自宅近くで解放された。韓国大使館の中央情報部(KCIA)要員、金東雲1等書記官の指紋が現場から発見され、日本では主権侵害だとして対韓国非難が高まった。2度の日韓両政府による「政治決着」で真相はうやむやになっていたが、韓国・国家情報院の真実究明委員会は24日、KCIAの組織ぐるみの犯行とする報告書を発表。朴大統領の暗黙の承認があったと判断したものの、殺害意図も含めて具体的な指示は証明できなかったとした。

(2007-10-25 朝日新聞 朝刊 1総合)

出典|朝日新聞掲載「キーワード」
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

金大中氏拉致事件の関連キーワード金大中大統領府フィルモア朴正熙PSAC尹潽善韓国の大統領制と改憲忠武(チュンム)計画

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone