コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

金嬉老事件 きんきろうじけん

大辞林 第三版の解説

きんきろうじけん【金嬉老事件】

1968年(昭和43)2月、在日朝鮮人金嬉老キムヒロが暴力団員を射殺したのち、寸又峡温泉の旅館に宿泊客を人質にとって立て籠り、民族差別を告発した事件。金は逮捕され、裁判で無期懲役が確定。99年(平成11)仮釈放、韓国に出国。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

金嬉老事件の関連キーワード新藤兼人シーゲル[各個指定]芸能部門[各個指定]工芸技術部門秋山清高松次郎トリュフォー深作欣二プロヴォークベルイマン(Ingmar Bergman)

今日のキーワード

金城湯池

1 《「漢書」蒯通伝から。「湯池」は熱湯をたたえた堀》守りが非常に固く、攻めるのが難しい城。金湯。2 堅固で、他から侵害されにくい勢力範囲。「保守派の金城湯池」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

金嬉老事件の関連情報