金属射出成形(読み)きんぞくしゃしゅつせいけい

大辞林 第三版の解説

きんぞくしゃしゅつせいけい【金属射出成形】

金属加工法の一。金属粉末と熱可塑性樹脂を混ぜ合わせた材料を射出成形機で成形した後、有機溶剤などに浸けたり加熱したりして熱可塑性樹脂などを除く方法。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

マウンティング

多くの哺乳類の雄が交尾のときにとる、ほかのものに馬乗りになる行動。サルでは個体間の優位性を誇示するためにも行う。背乗り。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android