金属射出成形(読み)きんぞくしゃしゅつせいけい

大辞林 第三版の解説

きんぞくしゃしゅつせいけい【金属射出成形】

金属加工法の一。金属粉末と熱可塑性樹脂を混ぜ合わせた材料を射出成形機で成形した後、有機溶剤などに浸けたり加熱したりして熱可塑性樹脂などを除く方法。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

医療過誤

診療過誤ともいい,医療行為一般の誤りをさす。医学知識の不足,医療技術の未熟,診療行為の全体としての疎漏さ,不適切な薬剤や医療器具の使用などが原因となる。具体的には誤診,診断の遅延,手術過誤,注射事故,...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android