コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

金属機械 きんぞくきかい

世界大百科事典 第2版の解説

きんぞくきかい【金属機械】

正称は全国金属機械労働組合。連合の加盟組合。1946年,総同盟(日本労働組合総同盟)傘下の金属機械産業労組を結集,全金同盟として発足。初代会長は荒畑寒村。50年7月の総評結成にあたって,鉄鋼,造船,一般機器などの労働者で組織されていた全金同盟は解散大会を開き中産業別組織に切り替えたが,その際,総評加盟反対派を除き,一般機器の労組を中心に同年10月全国金属(全国金属労働組合)が結成された。結成大会をめぐる左右対立で組織の1/3が退場,これ(右派)がのちの全金同盟(現在,ゼンキン連合)となる。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

金属機械の関連キーワードトレンティーノ・アルト・アディジェ全日本金属産業労働組合協議会アストゥリアス(スペイン)インチョン(仁川)直轄市テルアビブヤッファチェンバーズバーグ広島県安芸郡府中町ドナン(フランス)茨城県稲敷郡河内町リオデジャネイロチェリャビンスクバリ(イタリア)ミルウォーキーストラスブールストックホルムドモドッソラ水原(韓国)京浜工業地帯東大和[市]北見(市)

今日のキーワード

俳句甲子園

1998年から松山市で開かれる全国高等学校俳句選手権大会。高校生が5人1組で句の優劣をディベートで競い合う。チームでの勝敗とは別に、個人の最優秀句も選ぶ。今年は過去最多の41都道府県から121校、15...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

金属機械の関連情報