コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

金星太陽面通過

1件 の用語解説(金星太陽面通過の意味・用語解説を検索)

朝日新聞掲載「キーワード」の解説

金星太陽面通過

太陽系で地球の内側にある金星が、地球と太陽の間を通過する現象。6日午前7時11分から午後1時48分にかけて、太陽の上半分を東から西へ「ほくろ」のような金星が横切る様子が観測できる。121・5年、8年、105・5年、8年の周期で起こり、前回が2004年で、次回は2117年。1874年には横浜、長崎、神戸に海外から観測隊が訪れ、太陽と地球のより正確な距離を調べた。

(2012-06-02 朝日新聞 朝刊 神奈川全県 2地方)

出典|朝日新聞掲載「キーワード」
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

金星太陽面通過の関連キーワード金星内合内惑星日面通過日周視差年周視差地球型惑星太陽系外惑星探査宇宙震地球の中心核

今日のキーワード

日本政策投資銀行

1999年に日本開発銀行と北海道東北開発公庫を統合し、発足した政府系総合政策金融機関。一般の金融機関が行なう金融などを補完・奨励し、長期資金の供給などを行ない、日本の経済社会政策に金融上で寄与していく...

続きを読む

コトバンク for iPhone

金星太陽面通過の関連情報