コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

金枡 かねます

大辞林 第三版の解説

かねます【金枡】

江戸時代、両替商などが、一分金銀など長方形の小型貨幣を数えるのに用いた道具。柄のある木製の角皿で、長方形の枡目が切ってある。明治以後、硬貨枡と称した。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

金枡の関連キーワード江戸時代一分金銀長方形両替商枡目角皿