金枡(読み)かねます

大辞林 第三版の解説

かねます【金枡】

江戸時代、両替商などが、一分金銀など長方形の小型貨幣を数えるのに用いた道具。柄のある木製の角皿で、長方形の枡目が切ってある。明治以後、硬貨枡と称した。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

夏至

二十四節気の一つであるが,二至 (夏至,冬至) ,二分 (春分,秋分) の四季の中央におかれた中気。夏至は太陰太陽暦の5月中 (5月の後半) のことで,太陽の黄経が 90°に達した日 (太陽暦の6月 ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android