金柑・金橘(読み)きんかん

大辞林 第三版の解説

きんかん【金柑・金橘】

ミカン科の常緑低木。中国原産で、渡来は古い。暖地で栽培される。葉は広披針形。夏に芳香のある白色五弁の花を腋生する。果実は球形または楕円形で径2センチメートルほど。晩秋、橙黄色に熟し、生や砂糖漬けにして食べる。 [季] 秋。 《 一本の塀の-数しらず /阿波野青畝 》

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

ハイジ男子

アンダーヘアを永久脱毛した男性を指す造語。英語で「衛生」を意味する「ハイジーン」が語源で、アンダーヘアを永久脱毛した女性を指す「ハイジニーナ」にちなんで生まれた言葉とされる。欧米諸国では男性のアンダー...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android