コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

金棒・鉄棒 かなぼう

大辞林 第三版の解説

かなぼう【金棒・鉄棒】

武器の一。鉄製の棒。金撮棒かなさいぼう。 「鬼に-」
頭部に鉄の輪をつけた鉄製の杖。夜回りや行列の先頭に立つ者が突き鳴らし、人々の注意をひくのに用いる。
器械体操に使う鉄棒てつぼう。 〔明治・大正期によく使われた語〕
「金棒引き」の略。 「長屋中-引いて人の蔭沙汰あする…/滑稽本・浮世風呂 2
[句項目]

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

金棒・鉄棒の関連キーワード浮世風呂金棒引き

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android