金沢 覚太郎(読み)カナザワ カクタロウ

20世紀日本人名事典の解説

金沢 覚太郎
カナザワ カクタロウ

昭和期の放送人,放送研究家



生年
明治39(1906)年6月23日

没年
昭和45(1970)年9月15日

出生地
岡山県高梁市

学歴〔年〕
東京帝大法学部〔昭和5年〕卒

経歴
昭和8年満州電信電話公社に入り放送部門に従事、新京中央放送局長、満州放送総局副局長などを務めた。この間ドイツに留学、放送事業を研究、また満蒙の民族土語を採録した。敗戦でシベリアに抑留され、帰国後、電通系の東京放送開設準備など民放ラジオ創業に参画、26年ラジオ東京(後の東京放送)設立と同時に編集局長、調査局長を経て33年日本教育テレビ(テレビ朝日)編成局次長、37年民間放送連盟放送研究所副所長となり43年退社。この間39年から国語審議会委員を4年間務めた。著書に「商業放送の研究」「テレビジョン―その社会的性格と位置」「放送文化小史・年表」「テレビの良心」などがある。

出典 日外アソシエーツ「20世紀日本人名事典」(2004年刊)20世紀日本人名事典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

政党要件

公職選挙法などが規定する、政治団体が政党と認められるための条件。国会議員が5人以上所属するか、直近の総選挙、直近とその前の参院選挙のいずれかにおいて、全国で2パーセント以上の得票(選挙区か比例代表かい...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android