コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

金洲ノ瀬 きんすのせ

1件 の用語解説(金洲ノ瀬の意味・用語解説を検索)

日本の地名がわかる事典の解説

〔静岡県〕金洲ノ瀬(きんすのせ)


静岡県御前(おまえ)崎の南約33kmにある浅堆(せんたい)。最浅部の水深は約50m。北側の御前崎海脚(かいきゃく)とは水深250~350mの鞍部(あんぶ)で区分される。東側は南海舟状(なんかいしゅうじょう)海盆(南海トラフ)から駿河(するが)舟状海盆駿河トラフ)が分岐し、水深3000mを超す海底まで急傾斜で落ち込む。付近はタイなどの好漁場。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

金洲ノ瀬の関連キーワード御前崎市大御前御前方御前達御前町釣り御前御前っち我御前おまえさん御前崎[町]

今日のキーワード

災害派遣

天災地変その他の災害に際して,人命または財産の保護のために行なわれる自衛隊の派遣。災害出動ともいう。都道府県知事などの要請に基づいて,防衛大臣が派遣することを原則とするが,特に緊急を要する場合,要請を...

続きを読む

コトバンク for iPhone