コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

金納・銀納 きんのう・ぎんのう

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

金納・銀納
きんのう・ぎんのう

広義には,金,銀,銭3貨の種類を問わず貨幣で租税を納めることを金納といい (→銭納 ) ,狭義には,金貨幣をもって上納することを金納,銀貨幣で上納することを銀納という。江戸時代の年貢は米納が原則であったが,石代納,半石半永制のように金納,銀納もあり,雑税には貨幣納が多かった。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

今日のキーワード

桃李もの言わざれども下自ら蹊を成す

《「史記」李将軍伝賛から》桃やすももは何も言わないが、花や実を慕って人が多く集まるので、その下には自然に道ができる。徳望のある人のもとへは人が自然に集まることのたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android