コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

金融派生商品(デリバティブ)

朝日新聞掲載「キーワード」の解説

金融派生商品(デリバティブ)

将来の取引価格を決めて契約を結ぶ「先物」や、値段など特定の条件を決めて売買する権利を取引する「オプション」が代表例。もともとは、値段の大きな変動で生じる損失を避けるために開発されたが、今ではデリバティブの売買そのもので利益を得ようという取引が増えている。取引所にとっては、企業の株と違って上場審査などの経費がかからず、自ら商品も開発できるため利益を稼ぎやすい。米国では、株中心の取引所がデリバティブに強い取引所に買収される例も出ている。

(2013-12-19 朝日新聞 朝刊 1経済)

出典|朝日新聞掲載「キーワード」朝日新聞掲載「キーワード」について | 情報

金融派生商品(デリバティブ)の関連キーワードクレジット・デフォルト・スワップ(CDS)ヘッジ・ファンド(Hedge Fund)デリバティブ(Derivatives)ヘッジファンド Hedge Fund金融商品の勧誘に関する禁止規定日本取引所グループ(JPX)クレジットデフォルトスワップクレジットデリバティブブレイディ ドゥーガン仕組債(しくみさい)オルタナティブ投資円キャリートレードLIBOR不正問題BIS第2次規制大証仮装売買事件デリバティブ取引クララ ファース金融デリバティブ通貨スワップ協定カバードワラント

今日のキーワード

処暑

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の7月中 (7月後半) のことで,太陽の黄経が 150°に達した日 (太陽暦の8月 23日か 24日) に始り,白露 (9月8日か9日) の前日までの約 15日間であ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

金融派生商品(デリバティブ)の関連情報