金谷(読み)かなや

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

金谷(千葉県)
かなや

千葉県南西部、内房(うちぼう)海岸にある富津市(ふっつし)の一地区。旧金谷村。背後に鋸山(のこぎりやま)を控えた狭小な海岸にあり漁港をなす。漁港の北にある金谷港は三浦半島久里浜(くりはま)港と結ぶフェリーボートの発着基地で、冷泉を引いた旅館やドライブインなどもある。鋸山登山のロープウェーも架設されていて南房総国定公園観光の一拠点である。金谷神社は製鉄史上貴重な鏡形鉄板を有し、鉄尊(てっそん)様と称される。[山村順次]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

タピオカドリンク

中国茶や紅茶などに球状のタピオカを入れた台湾発祥の飲料。「タピオカティー」とも呼ばれ、米国やアジア諸国で人気を集めている。日本では1990年代に台湾のチェーン店が進出して以来、若い女性を中心に幾度もブ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

金谷の関連情報