コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

金輪継ぎ・金輪継 かなわつぎ

大辞林 第三版の解説

かなわつぎ【金輪継ぎ・金輪継】

木造継手の一。追っ掛け継ぎに似るが、胴付きに目違いを持ち、継手中央の側面に栓を打ち込んで締める複雑なもの。断面は結び目のように固く組み合い、はずれにくいため梁・桁の継手や柱の根継ぎなどに用いる。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

金輪継ぎ・金輪継の関連キーワード追っ掛け継ぎ目違い根継ぎ結び目継手

今日のキーワード

明鏡止水

《「荘子」徳充符から》曇りのない鏡と静かな水。なんのわだかまりもなく、澄みきって静かな心の状態をいう。「明鏡止水の心境」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android