コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

金遣ひ きんづかい

大辞林 第三版の解説

きんづかい【金遣ひ】

江戸時代、商取引・貢租などに、金の量目(両・分・朱)をもって取引したこと。江戸を中心とする経済圏で行われた。 → 銀遣い

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

金遣ひの関連キーワード銀遣い経済圏

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android