コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

金銀糸

朝日新聞掲載「キーワード」の解説

金銀糸

府南部での生産が始まったのは江戸時代とされ、豊富な地下水が加工に適した湿度をもたらすことから全国有数の産地となった。特殊な加工技術が必要で、「箔押し」や「裁断」、「撚糸(ねんし)」など工程ごとに違う工場が担当する。1950年代以降は、ポリエステルフィルムアルミなどでめっきして作られるものも生産されるようになった。現在は本物の金を使わない安価なものが主流になっている。

(2012-04-10 朝日新聞 朝刊 京都市内 1地方)

出典|朝日新聞掲載「キーワード」朝日新聞掲載「キーワード」について | 情報

金銀糸の関連キーワード戸畑祇園大山笠行事金モール・銀モールチュール刺しゅうタンブアワークジュストコール京都府城陽市ナスル朝美術糸かがり細工ブロケード歌舞伎衣装城陽[市]城陽(市)金襴・銀襴新井淳一ラクノー婚礼衣装モスリンスモックモール織シフォン

今日のキーワード

大義

1 人として守るべき道義。国家・君主への忠義、親への孝行など。「大義に殉じる」2 重要な意義。大切な事柄。「自由平等の大義を説く」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

金銀糸の関連情報