コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

釜・窯・缶・罐・竈・竃 かま

1件 の用語解説(釜・窯・缶・罐・竈・竃の意味・用語解説を検索)

大辞林 第三版の解説

かま【釜・窯・缶・罐・竈・竃】

火にかけて、中に入れた物を加熱する器具。 《釜》
主として炊飯に用いる金属製の器。鍋よりも深くて、普通かまどにのせかけるための鍔つばが付いている。はがま。
茶の湯で湯を沸かす道具。茶釜。鑵子かんす
醸造・製塩・製茶などに用いる加熱用の器具。
高温を保って物を加熱し、溶かしたり化学変化を起こさせたりする装置。陶磁器・ガラス・セメントなどの製造に用いる。 《窯》
水を熱して蒸気を発生させる装置。ボイラー。汽缶。 《缶・罐》
かまど。 《竈》 「人の家に逃入りて-のしりへにかがまりて/大和 148
ミシンの部品の一。上糸と下糸を交差させて縫い目を形成する。
火口湖。お釜。
尻。また、男色。おかま。
自分の領分。仲間。味方。 「こつちの-にすると又よきことあり/洒落本・傾城買四十八手」

出典|三省堂
大辞林 第三版について | 情報

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone