釜石の艦砲射撃

朝日新聞掲載「キーワード」の解説

釜石の艦砲射撃

45年7月14日と8月9日、米軍艦などが釜石市街を海上から艦砲射撃した。鉄の鉱山と製鉄所を持つ工業都市だったことが、標的とされた理由だった。両日それぞれ、2千発を超える砲撃を受けた市街地は焼け野原となり、製鉄所は操業不能となった。死者は千人を超えたと推定される。

(2008-08-09 朝日新聞 朝刊 岩手全県 1地方)

出典 朝日新聞掲載「キーワード」朝日新聞掲載「キーワード」について 情報

今日のキーワード

KPI

KPIとはkey performance indicator の略で、企業目標の達成度を評価するための主要業績評価指標のことをいう。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

釜石の艦砲射撃の関連情報