コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

針ケ谷夕雲 はりがや せきうん

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

針ケ谷夕雲 はりがや-せきうん

1593?-1662 江戸時代前期の剣術家。
文禄(ぶんろく)2年?生まれ。真新陰(しんのしんかげ)流を小笠原(おがさわら)玄信斎にまなんで秘伝をうけ,江戸八丁堀で道場をひらく。のち駒込竜光寺の開山虎白(伯)(こはく)大宣に参禅して影響をうけ,無住心(むじゅうしん)剣術(夕雲流,破想流)を創始。寛文2年死去。70歳?俗名は五郎右衛門。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

針ケ谷夕雲の関連キーワード小田切一雲文禄

今日のキーワード

主婦休みの日

1、5、9月の25日。年3回。株式会社サンケイリビング新聞社が制定。主婦にはリフレッシュ、ほかの家族には家事を提唱する。年末年始、ゴールデンウィーク、夏休みといった忙しい期間の後に設定されている。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android