コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

釣り糸・釣糸 つりいと

大辞林 第三版の解説

つりいと【釣り糸・釣糸】

釣り針をむすびつけて魚を釣るのに用いる糸。現在はナイロン・テトロンなどの合成繊維を用いるが、以前はてぐすを使った。太さは0.1号か150号の太いものまで種々ある。 「 -を垂れる」

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

釣り糸・釣糸の関連キーワード合成繊維釣り針てぐす