鈴木 善太郎(読み)スズキ ゼンタロウ

20世紀日本人名事典の解説

鈴木 善太郎
スズキ ゼンタロウ

明治〜昭和期の小説家,劇作家



生年
明治17(1884)年1月19日

没年
昭和26(1951)年5月19日

出生地
福島県郡山市

学歴〔年〕
早稲田大学英文科〔明治38年〕卒

経歴
国民新聞から東京朝日新聞記者となり、秋風と号した。大正7年短編小説集「幻想」を発表、雑誌「文章倶楽部」には菊池寛野村愛正と並ぶ新進三作家として登場した。研究座などでの新劇運動に参加、11年欧米遊学後はフェレンツ・モルナールの紹介に貢献した。作品には「白鳥」「リリオム」「開かれぬ手紙」「芝居は誂向き」などのほか、長編「山荘の人々」、映画小説「人間」、短編集「紙屋橋」、戯曲集「鸚鵡」、演劇論集「愛の劇場」、童話集「迷ひ子の家鴨」などがある。

出典 日外アソシエーツ「20世紀日本人名事典」(2004年刊)20世紀日本人名事典について 情報

今日のキーワード

未必の故意

犯罪事実の発生を積極的には意図しないが、自分の行為からそのような事実が発生するかもしれないと思いながら、あえて実行する場合の心理状態。→故意[補説]作品名別項。→未必の故意...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android