コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

鈴木主水(2) すずき もんど

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

鈴木主水(2) すずき-もんど

?-1801 江戸時代後期の武士。
江戸青山百人町にすみ,享和元年内藤新宿の遊女白糸と心中したという。流行唄(はやりうた)「ヤンレイくどき」にうたわれひろく知られた。嘉永(かえい)5年「隅田川対高賀紋(ついのかがもん)」(3代桜田治助作)として歌舞伎化され,上方系の「百人町浮名読売(うきなのよみうり)」が近年でも上演されている。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

鈴木主水(2)の関連キーワード享和パーベル1世山東京伝辛酉教獄植崎九八郎歌川豊広神田厚丸喜多川歌麿桜川慈悲成昇亭北寿

今日のキーワード

ラニーニャ現象

《La Niña events》赤道付近のペルー沖から中部太平洋にかけて、数年に1度、海水温が平年より低くなる現象。低下する温度差はエルニーニョ現象での上昇温度差より一般的に小さい。→ダイポールモード...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android