鈴木其(読み)すずき きいつ

美術人名辞典の解説

鈴木其

江戸後期の画家。姫路藩酒井氏の家臣鈴木蠣潭の養子。名は元長、字は子淵、必庵・為三堂・噲々等と号し、のち菁々と改める。酒井抱一に侍し、画法を抱一に学ぶ。よく抱一の画風を継承しつつ、知的な近代的感覚と大胆な画面構成で琳派に新風を送る。俳諧や芸能にも通じた。安政5年(1858)歿、63才。

出典 (株)思文閣美術人名辞典について 情報

今日のキーワード

ハイジ男子

アンダーヘアを永久脱毛した男性を指す造語。英語で「衛生」を意味する「ハイジーン」が語源で、アンダーヘアを永久脱毛した女性を指す「ハイジニーナ」にちなんで生まれた言葉とされる。欧米諸国では男性のアンダー...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

鈴木其の関連情報