コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

鈴木其 すずき きいつ

美術人名辞典の解説

鈴木其

江戸後期の画家。姫路藩酒井氏の家臣鈴木蠣潭の養子。名は元長、字は子淵、必庵・為三堂・噲々等と号し、のち菁々と改める。酒井抱一に侍し、画法を抱一に学ぶ。よく抱一の画風を継承しつつ、知的な近代的感覚と大胆な画面構成で琳派に新風を送る。俳諧や芸能にも通じた。安政5年(1858)歿、63才。

出典|(株)思文閣美術人名辞典について | 情報

鈴木其の関連キーワード河鍋暁斎(かわなべきょうさい)ジョー プライス中野其明鈴木其一酒井道一鈴木守一池田孤村村越其栄美人画

今日のキーワード

アウフヘーベン

ヘーゲル弁証法の基本概念の一。あるものを否定しつつも、より高次の統一の段階で生かし保存すること。止揚。揚棄。→アン‐ウント‐フュール‐ジッヒ →弁証法...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

鈴木其の関連情報