鈴木春山(1)(読み)すずき しゅんざん

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

鈴木春山(1) すずき-しゅんざん

1738-1814 江戸時代中期-後期の武士,画家。
元文3年生まれ。鈴木不求(ふきゅう)の子。江戸で狩野春笑に絵画をまなび,父の跡をつぎ上野(こうずけ)(群馬県)伊勢崎藩につかえた。書道,地図作成,撃剣,拳法(けんぽう)にも長じており,後進の指導にあたった。文化11年8月26日死去。77歳。名は義直,のち宣得。通称は円太夫。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

余震

初めの大きい地震に引き続いて,その震源周辺に起こる規模の小さい地震の総称。大きい地震ほど余震の回数が多く,余震の起こる地域も広い。余震域の長径の長さは,地震断層の長さにほぼ対応している。マグニチュード...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android